歯科医院の課題点

30分を一組とする治療の方法はコストパフォーマンスが良くないため、歯科医院にとっては、あまり効率が良くない方法ではありますが、患者の話を30分の中でしっかりと聞いて治療方法を決めていくと言う段階においては、かなりゆっくりと時間をとることができるのも事実なのです。これは、言ってしまえば、患者自身がどのようにして治療を選択するのかということを 、最優先して考えている証拠でもあるというわけです。このような温情に報いると言っては言い過ぎですが、なるべく予約通りに通うことができるようにしっかりと予定を空けておくことが重要だと言えるでしょう。特に、週末などの比較的社会人などにも時間ができやすい時間帯などは、歯科医院に多くの人が行きやすいため、非常に予約が取りにくい段階が続いているというふうにも聞いたことがあります。このような状況が続いているため、予約が遅れながらも、診察がスタートして膝診察台に乗ってみてはいいもの、そこからまた数10分も待たされてしまったなどという話も聞いたことがありますから、注意をしておくことが重要だと言えるのではないでしょうか。 知られていないことですが、現代では、コンビニの数よりも歯科医院の数の方が多いと言われるほど、歯科医院の数は日本で飽和状態にあるため、30分制をとっていても、ほとんど人が来ないという歯科医院もあります。多くの歯科医院が積極的に広告を打って、自分自身が経営する医院にプラスの情報を載せているということが多い中で、積極的に患者を獲得している歯科医院は、まさに実力がある証拠であると言えるのではないでしょうか。常に口コミなどをチェックしておくことが必要だと言えるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です