歯科医院はもうかるの?

歯科医院は、非常にお金が稼げる、という風に考えている人も多く、かなり裕福な暮らしができるくらいに給料をもらっていると考えている人も多いかもしれません。一般的に、確かに病院というのは、病気がなくならない限り、あり続けるわけで確実に集客に当たる患者が見込めるということは言えてしまうのかもしれませんが、現実問題は決してそのような状況ではないわけです。確かに、虫歯や歯周病といった病気は、人間が食べ物を使って栄養摂取している限り、なくならない病気であるとも言えますし、常に需要があり続けるのが歯科医院であるとも言えなくもありません。または、建物が非常におしゃれであったりとか、院内が清潔に保たれていたりするのを見ると、相当をお金をかけてクリーニングをしていたり建物を建てていたりするのだろうな、という風にも思ってしまう方がいるかもしれませんが、実は、ある民間団体の統計調査によれば、虫歯の患者は予防歯科の発達などによって、年々患者数が減少しており、昔に比べれば、歯科医院に通う人の数は徐々にですが減ってきているというデータもあるという風に聞いたこともあります。それでも、都市部のような人口が集中している場所では、未だに歯科医院が不足しているところもあったり、逆に地方のほとんど医療技術が行き届いていないような田舎のところでも、歯科医院が不足しているという現状があるように、どこかに偏って歯科医院が存在してしまっているということは、今後の医療において発展の妨げになってしまう可能性すらひめていると言わざるを得ません。コンビニとは異なり、気軽に行くことができないということがあるかもしれませんが、それでも、それぞれの生活する市民のすぐそこに必ずと言っていいほど歯科医院があるということが医療への安心感につながると言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です